HAPPY mamaBlog

英語嫌いなフリーランスかーちゃんが四苦八苦しながら2歳の娘と英語をお勉強していたり、していなかったりするブログ

不倫するならバレた時のペナルティを勉強しておくべき

f:id:mallowmoon:20170725221723j:plain

実は、私元々占い師兼恋愛カウンセラーをやっていました。

年間800~1000人のカウンセリングを行っていたんですが

恋愛相談の大半を占めていたのが、不倫と復縁の相談。

不倫とか復縁の相談を多く受けているうちに、後半はそれ専門のカウンセラーみたいになっておりました(笑)

 

若い方なら、10代後半からすでに不倫に関してのご相談者様がいらっしゃいました。

 若ければ若い程、恋にのめり込みやすい。

漫画やドラマで美化されて描かれることのある不倫。

障害があるからこそ燃える恋路でしょうが、若ければ若い程自分が負うべき責任を分かっていない事も良くあります。

だからこそ、不倫をするなら不倫をするで、ちゃんと不倫について勉強しておかないと

結局最後は身の破滅が待ってることだってあるのです。

♪目次♪

 

 

 

不倫はどこまで行ってもゲスなものに変わりない

 

最近巷ではゲス不倫なんて言葉が流行してますよね。

正直、不倫ってどれだけ思い合っててもどんなに真剣であってもゲスなものです。

若手バンドマンだろうが、大物俳優だろうがゲスなもんはゲスです。

 

漢字の意味もそのまま

「倫=人の守るべき筋道」 

「不=〜ではない」

 

結局、人の守るべき筋道に反した行いをしてる事には違いないわけです。

でも、外野がどうのこうの言っても好きって気持ちに歯止めを掛けられたら不倫なんてしませんよね。

落ちたら自力では這い上がってこれない底なし沼みたいなものが恋な訳です。

止めたくても止められないからこそ、みんな悩んだり落ち込んだり、ドツボにハマったりするわけです。

 

「たまたま好きになった人が既婚者だった」

「結婚してから本気で好きになれる人に出会ってしまった」

 

と言う方はきっとこれから歩むのは茨の道だと思います。

まだ引き返せるうちなら引き返した方が身のためです。

でも、やっぱりこの気持ちを諦められないと言うのなら、まずは盲目的に突き進むのではなく、万が一相手や自分の配偶者にバレた場合に自分や恋人が受ける「ペナルティ」をしっかり把握して置くべきです。

 

不倫で被るペナルティを理解しておくべき理由

不倫をしたら、こういうペナルティを受ける可能性があるよ、と言うのは年齢を問わず、不倫をしている方はちゃんと認識しておくべきだと思います。

理由としては以下の通り。

 

 

 1.自分のしている事を理解する為

 自分の行いが誰かを裏切る行為だと理解しておくべきです。

万が一にも、不倫している事に「酔いしれて」悲劇の主人公にはなってはいけません。

本当の悲劇の中に居るのは、あなたや、あなたの恋人が裏切っているパートナーの方です。

 自分のパートナーや相手のパートナーへの罪悪感を失ったら、ゲス不倫所か、人としてもゲスに成り下がります。

またそういう人程、不倫相手に「地雷認定」

されて捨てられるケースが多いです。

 純愛を貫き通すつもりならば、自分の置かれた状況は客観的に見つめましょう。

 

2.万が一バレた場合の対応がしやすくなる

人生の先輩方が、テレビ画面の向こう側で謝罪会見を行っているのを見ればわかるように、不倫はバレたら 何らかしらの制裁が待っています。

「不倫」という甘い毒のような響きに酔いしれて、現実が見えていないのは本末転倒。

バレないでずっと不倫相手と楽しい時間だけを過ごせる可能性はそう高くはありません。

突然、自分や相手のパートナーが密会現場に乗り込んできたリ、慰謝料の請求や裁判沙汰になった時、どうすればいいのか分かりますか?

どんなペナルティを受けるのか分かっていれば、対処もしやすくなりますし、バレた時の為の事前準備もできるでしょう。

まずは、最悪のシナリオを想定してみてください。

ゾッとするでしょうし、考えたくない事かもしれませんが、行き当たりばったりではいざという時本当に困るのは自分自身です。

 

3.ペナルティについて恋人と話し合う事で相手の本質が見える事もある

たぶん、不倫カップルの80%くらい(体感)は不倫がバレた時のペナルティについて話し合ってはいないと思います。

きっと「もしバレたら結婚しようね」位の軽い話にとどまって、その時だけを楽しんでいるのが殆どかなぁと思います。

でも、もしいずれ不倫相手との結婚を考えているなら、それこそ今話し合わなきゃいけない訳です。

不倫の慰謝料の相場は80万~300万と言われています。

払えそうでしょうか?

相手の仕事は? 年収は? 不倫が会社にバレて会社からも減給や降格などのペナルティを受けたら? 

それでも、二人でやっていけそうですか?

もしどちらかに子どもが居たら、養育費の支払いも発生する可能性もあります。

相手の子どもを引き取る可能性だって無くはありません。

もし今、お金に余裕が有って、楽しい時間を過ごせていたとしても、将来待ち受けているのは経済的に余裕の無い窮屈な暮らしかも知れません。

 

あなたの恋人は、ちゃんと万が一の場合の事を考えてくれていますか?

「そんな辛い事考えないようにしようよ」とか「きっとなんとかなるよ」なんて言う相手や「なんでそんな事言うの?!」と逆切れする相手はきっと結婚してからもそのスタンスは変わりません。

大事な事をうやむやにするような相手は、結局その程度の相手なのです。

 

不倫がバレたらどんなペナルティがあるの?

では、具体的に不倫が発覚した時に、どんなペナルティが発生するのか確認してみましょう。

 細かく書くときりがないので、大まかに3つに分けてみます。

1.経済的なペナルティ

2.社会的なペナルティ

3.精神的なペナルティ

です。

では、順番に見ていきましょう。

 

1.経済的なペナルティ 

 一番わかりやすいのが金銭的なペナルティです。

 

・慰謝料

相手や自分のパートナーから請求される慰謝料。

W不倫の場合は、双方から請求される可能性もあります。

上述しましたが、不倫の慰謝料の相場は80万~300万円ほど、収入によって上下しますが、もし双方から300万円ずつ請求された場合、総額は600万円となります。

 

・裁判費用

万が一裁判になった場合や相手の弁護士との折衝をする事になった場合など、裁判費用や弁護士費用が掛かる可能性があります。

 

・養育費

自分や相手に子どもが居た場合、不倫によって離婚に至った場合に子どもの養育費を支払う可能性もあります。

子供が0歳~14歳の場合相場は一人あたり4万~6万/月と言われています。

これを慰謝料とは別に毎月二十歳になるまで払い続ける事になります。

 

2.社会的なペナルティ

 

不倫は社会的にも外道とされているので、社内不倫がバレた場合は会社から降格や免職・減給といった制裁が加えられる可能性があります。

 

会社へ知られた場合のペナルティ

・退職

・左遷

・降格

・減給 

など、直接的に社会的立場が危うくなるペナルティを与えられる可能性が有ります。

 

家族へ知られた場合のペナルティ

独身ならば、家族や親。

既婚者ならば、配偶者や子供に不倫の事実が伝わる事があります。

 

・配偶者からの慰謝料請求

・離婚

・子どもと別居になる

などが起こる可能性があります。

 

3.精神的なペナルティ 

・不倫相手との破局

万が一不倫相手と別れることになった場合は酷い喪失感を味わ事になるでしょう。

もし、不倫相手が自分よりも家族を選んだ場合、自分の存在価値に疑問を持ったり、破滅願望が芽生えるたりする事もあります。

 

・友人や家族が離れていく

不倫の道を進むという事は、友人や家族から見放される可能性もあります。

独身でも既婚者であっても、倫理に外れた事をしているのですから、大切な人間関係に亀裂が生じる事も覚悟しなくてはなりません。

不倫の道を選ぶと言うことは、大切な関係すらなげうつ覚悟が必要です。

 

・信用を失う

不倫とは、誰かを裏切る行為です。

誰かを裏切ると言うことは、自分への信頼や信用を裏切ると言う意味でもあります。

誰かを裏切った相手に対する信用は、必ず失うものです。

それは仕事だけでは無く、今後の人間関係も恋愛も、不倫相手との関係ですらも言える事です。

 

・後ろ指を指される

陳腐な言い回しかもしれませんが、後ろ指を指される覚悟が必要です。

不倫が発覚した場合、自分や身内だけで物事が完結する可能性は極めて低いです。

 職場や近所の人間、友人、知人、あらゆる所に不倫の事実が噂として広がる可能性は大いにあります。

そして、いつまでも不倫をした事実がレッテルとして付きまといます。

もし、不倫相手と別れたとしても1度貼られたレッテルを剥がすことはとても難しいものです。

 

 

不倫をするなら相応の覚悟を持ってするべき

色々書いてきましたが、大袈裟でもなければ悪意がある訳でも無く、不倫を取り巻く現実はこういう事です。

「好き」と言う、純粋な感情だけで完結出来ない恋愛が「不倫」です。

 

誰からも祝福して貰えないかもしれない

親や兄弟には泣かれるかもしれない

大切な家族や人間関係を失うかもしれない

これから迎える生活は経済的にも決して裕福なものでは無いかもしれない

最悪の場合不倫相手から別れを告げられるかもしれない

 

そんな、不安定で先行き不透明で苦しい事の多い恋愛でも、どうしても譲れないという場合も有るでしょう。

ここまで読んで、不倫の現実を目の当たりにしたとしても、気持ちが変わらないのであれば何を犠牲にしても、誰のせいにもせずに、自分の責任で兎に角突き進むだけです。

 

応援はしません。

ですが、人には自分の生き方を決める権利が有ります。

後悔しない生き方が出来る事は何よりも幸せな事だと思います。